2016/10/28

語源で覚える英単語 blend

今回の語源は blend です。
前回の bat と同じく blend も「ブレンド」としてよく使う言葉なので、わかりやすいのではないでしょうか。


ブレンドコーヒーは blended coffee です

blend を漢字でイメージすると「混」です。
blender を思い浮かべるとイメージしやすいですね。
ちなみに日本語で「ミキサー」を指すものは、海外では blender です。

blond はどうやら blend の派生語らしく、「混ざった色」と解釈されています。
二つの単語にある bl は、「白」を下地にして、「色を抜く」とか「元の性質をなくす」といった
「無色」のニュアンスを含みます。
blank(白紙の)、bleach(漂白する)などの単語はその例ですね。

さらに詳しく知りたい方は『英単語マニア』をぜひご覧ください。
2016/10/21

PV法の発音練習〔th〕

今回、初めて2つのアルファベットで1つの音を表す例が出てきました。
アルファベットで〔th〕に相当する音がなかったので、2つのアルファベットを組み合わせて、
1音を表しています。
これを「ダイグラフ」と言います。

〔th〕の音は学校で習いますね。
舌を軽く噛んで、息を出す音です。

〔th〕が綴りにある単語には、think(考える)や theater(劇場)などがありますが、
thump(ドシン)とか、thud(ズシン)といったオノマトペ(擬音)もたくさんあります。


thump は重々しい足音を感じさせます。例えるなら、象の足音のような...

〔th〕を含む音声の見本はこちら
詳細な解説は『英語の発音とリスニングの音則』でご確認ください。
2016/10/14

have は不等式の>記号

今回はいま話題のピコ太郎さんの「PPAP」の歌詞にも使われている have の解説です。
I have a pen.
I have an apple.
Apple pen!
I have a pen.
I have a pineapple.
Pineapple pen!
Apple pen.
Pineapple pen.
Pen-pineapple-Apple-penpineapple pen!
Pen-pineapple-Apple-penpineapple pen!

すごく簡単なので、中学生でも意味がわかりますよね。
ここで使われている have は「持っている」という意味ですが、
have にはほかにも「have to」で、「〜しなければならない」となったり、
完了形や使役に使ったりします。

PPAPの have は一番簡単な使い方ですが、「持っている」の have として、
I have a cold.(私は風邪を引いています)
という文例もあります。



have は「持っている」だから直訳すると
「私は風邪を持っている」
そのほかにも
I have an idea. 私にいい考えがあります。
I have a sore throat. のどがひりひりします。
など、日本語の「持っている」で直訳するとおかしな文がたくさんあります。

さて、have は目的語とセットの「他動詞」ですが、be動詞に似たところがあります。
しかし、be動詞が主語と補語や副詞類を=で繋ぐとしたら、
have は目的語より主語が大きい>で示されるかもしれません。
数学の集合で表すなら、「主語は目的語を包合する」関係とも言えそうです。

このあたりの詳しい話は『英語のゴールデンルール』をぜひご覧ください。