2017/08/25

PV法の発音練習〔m〕

子音の無声音と有声音の解説は前回の〔h〕で終了しました。
無声音と有声音の違いやそれぞれの音の特徴はわかったでしょうか?

今回は鼻からでる「鼻音」のトップバッター〔m〕です。


モグモグは mmm(ムシャムシャ)で表現します。

PV法チャートを見ると、〔m〕は〔p〕や〔b〕と同じ列に並んでいます。
つまり、口を閉じたままで発音される音だということがわかります。
口を閉じて、音声を鼻から抜いて出せば、きれいな〔m〕が発音できます。

〔m〕の音声見本はこちらをどうぞ(無料です!)
さらに詳しい解説を知りたい方は『英語の発音とリスニングの音則』をご覧ください。



2017/08/18

現在形は現在だけではない

今回は「現在形は現在だけではない」という
ちょっと不思議な英文のお話です。


I miss you.(私はあなたがいなくて寂しく思います)
このお人形は誰を思っているんでしょうね?


I miss you. は歌詞でよく聞くフレーズです。
れっきとした現在形ですが、「今だけ」寂しく思っているのかというと、
そうではないですね。
別れたあとも寂しく思うはずだから、
I'll miss you.
と未来形が正解のように思えますが、現在形でOKなのです。
「別れる」と考えている現在、そして「別れてしまってから」も寂しいので、
miss は現在形で未来も表せる動詞なのかもしれません。

The sun rises in the east and sets in the west.(太陽は東から昇って西から沈む)
のような「普遍の真理」や
I get up at seven every morning.(私は毎朝7時に起きる)
などの「習慣や反復」を表す場合も現在形で表現されるので、併せて覚えておきましょう。

『英語のゴールデンルール』
ではこのほかにも、過去形で使われる missed の解説もしているので、
ぜひご覧になって、miss の微妙な使い分けを確認してみてください。

2017/08/10

語源で覚える英単語 cline

今回の語源は cline です。
cline は漢字だと「傾」のイメージでしょうか。

decline を分割すると、de(下に)+cline(傾)になります。
意味は「辞退する」「衰える」「下降する」です。
recline は分割すると、re(後ろへ)+cline(傾)で、
「もたれかかる」「依存する」「休む」の意味です。
de や re は接頭辞といって、これも共通した意味があるので、
覚えておくと、知らない単語が出てきたときに意味を推測できて便利ですよ。


climb(登る)も 語源 cline の仲間です

climb は「登る」の意味だから、「傾」とはちょっと違いそうですが、
climb down で「(手足を使って)降りる」になります。
この場合は down で方向を指し示し、climb は「傾」の意味がよく効いていることがわかります。
日本語の意味だけでは「おかしいな」と思えることでも、
語源を知っておくと、納得できることがたくさんありそうですね。

『英単語マニア』ではほかにもたくさんの単語を載せているので、
ぜひ参考にしてください。
2017/08/04

PV法の発音練習〔h〕

今回は〔h〕の発音です。
子音のPV法チャートではいよいよ一番下の段まできました。

〔h〕の音のイメージは「開放感のある快活な笑い」です。

ha-ha(ハハハ)、haw-haw(ガハハ)、hee-hee(イヒヒ)など、
笑いのオノマトペはたくさんありますね。


笑いをイメージさせる〔h〕なのですが、
口をあまり開けず、いかにも疲れたという様子で、
がっかりしたときの溜息のつもりで、
脱力状態で「ハー」と言えば感じがつかめます。
〔h〕はPV法チャートでは一番右側にあるので、
無声音であることをお忘れなく。

〔h〕の発音のお手本はこちら。
無料なので、ぜひ聞いてみてください。

『英語の発音とリスニングの音則』ではさらに詳しい解説と
〔h〕が使われている単語を紹介しています。
ぜひご覧ください。