2019/07/12

動詞を形容詞にする

何か失敗をしたとき、
I'm to blame.(わたしのせいです)
と言うことがあります。

blame は「せいにする」という他動詞ですが、
be to blame で「責任がある」という意味の自動詞として熟語化しています。

一つの文に動詞は2つ入れられないので、to を使って不定詞を作り、動詞を形容詞化しているのです。

be about to (do) は、辞書で「いままさにしようとしている」という意味の熟語とされています。
しかし、「be動詞+about+to 不定詞」という文型と捉えれば、熟語として丸暗記する必要はなくなります。


I'm about to leave.(わたしはそろそろ出かけます)

この文型は会話文で多用されることはありませんが、使用説明書などではよく使われているので、
知っておいてソンはありません。

『英語のゴールデンルール』では、このほかにも分離不定詞についても解説しています。
ぜひご覧ください。

コメント

非公開コメント